定員30名満員御礼!

ついに登場! 英会話「最後の駆け込み寺」

DCプレミアムEnglish Boot Camp ~第8期~2016年1月24日(日)開校!

たったの3か月で、この英対話力。

他にも、3か月でネイティブと自由に話せる<br />発音と英会話力を身につけた人続出!

第8期 受講生 before after

2016年4月17日卒業予定です。
今回も驚くような結果がでましたので、動画の公開をお楽しみに!

第7期 受講生 before after

NEW

第6期 受講生 before after

第5期 受講生 before after

第4期 受講生 before after

第3期 受講生 before after

第2期 受講生 before after

第1期 受講生 before after

YOSHIからのメッセージ

YOSHI

こんにちは、YOSHIです。
いつも私の日刊メールマガジンを読んで頂きありがとうございます。このメルマガも発刊から5年経ち、読者さんは、なんと20万人を超え、さらに毎日300人以上が新規登録する大人気の英会話メールマガジンとなりました。

おかげ様で、今では読者さんからも、
「ネイティブに自分の英語が通じるようになった」
「何度も英会話に挫折していたけど、今では会話のキャッチボールができるようになりました」
「もう日常会話で困ることはありません」

など、メルマガや私の教材への感想や喜びの声も多数いただいており、当初私が夢見ていたことの目標はかなりの部分で果たせたと思っています。あなたのお役にも立っているでしょうか。もしそうなら、私としても嬉しい限りです。

しかし、一方で
「会社でいきなり上司が外国人になり、どうしても英語が話せないと仕事ができない状況にあり、とても困っています。」
「これまでたくさんの教材も買いましたし、英会話スクールにも通いましたが何をやってもダメでした。もうあきらめるしかないのでしょうか。」

など、緊急に英語が必要になった人、長年取り組んでいるのに、思うように結果が出ない人など、切羽詰まった悲痛な叫びも届いているのも事実です。

そこで、わたしは決意しました。何をやっても話せなかった人のための「英語の駆け込み寺」を作ろうと。そこから、試行錯誤を繰り返し、ようやく形になったのが、今回募集する「DCプレミアム English Boot Camp」です。

今回で8期目となるプログラムですが、おかげ様で、すでに150人以上の方にご参加いただき、私たちも驚くほどの成果を出して頂いています。「どれほどの成果を出しているのか?」その様子は、冒頭のBefore-after動画を見て、ご自身の目で確認してください。

私はこれまでいろいろな英会話講座を見てきましたが、たったの2~3か月でここまでレベルアップできるものは、本当にこのプログラムしかないと思っています。

なぜ、3か月という短い期間で、ここまでの効果が出るのか?

その理由をこれからお話しますので、ぜひ最後までお読みになり長年の英会話学習の悩みを解決し、この機会に、ネイテイブと自由自在にコミュニケーションできる英語力を身につけてほしいと思います。

なぜ3ヶ月で英語がペラペラになるのか?

数ヶ月前まで、英会話初心者だった人が、なぜたったの3ヶ月で、英語が話せるようになるのか?
それは「あること」にフォーカスして、そこを徹底的に練習することにあります。
逆に、このポイントを知らずに勉強してしまうと、
なかなか成果があらわれず途中で挫折してしまうことになるでしょう。

これから、
たったの3ヶ月間で本当に英語がペラペラになる
「科学的な理由」をお伝えします。

「英語がペラペラ」の正体

英語ペラペラとは

そもそも、英語がペラペラとは、どういうことでしょう。接続詞を上手く使って、文章が長く言えること? ボキャブラリーがいっぱいあること? ネイティブみたいな発音で話せること? 聞き取りができること?
・・・・どれも違います。

では、英語がペラペラとは、どういう状態のことなのでしょうか。それは、「どんな相手とでも英語でコミュニケーションが取れる」状態です。つまりTalking(トーキング)ができることです。

しゃべることができて、聞き取ることもできて、いろんなジェスチャーも含めてコミュニケーションがとれること。これが英語がペラペラと言えるのではないでしょうか。ただ発音がいい、リスニングができる、ボキャブラリーがいっぱいある、といった単品でできるだけではダメなのです。

「Vocabulary(語彙)」「Pronunciation(発音)」「Phrases(フレーズ)」「Listening(リスニング)」「Speaking(スピーキング)」などの「総合力」が必要になります。いろんな要素をマスターして、どんな相手とでも英語でコミュニケーションがとれる。この状態になっていないと英語ペラペラとは言えません。

でも、英会話ってそんなに難しい?

ただそうなると「英語は難しい。」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。実際にあなただけではなく、英会話を勉強している人の多くが、このように思っています。確かに学問としての英語は難しいかもしれません。しかし、コミュニケーションをとるための英会話は、そんなに難しいものではありません。なぜなら、結局は「誰に」「何を」話すか、これを明確にしておけば良いからです。

この2つを押さえておけば、英会話は簡単!

例えば、私のフレーズブックの「EVERYDAY ENGLISH PHRASES」。この中の表現さえ覚えておけば、海外で生活するのに困らないようになっています。なぜかというと、「誰に」「何を」話すかが明確になっているので、その時の会話の展開をつかんで、パターンを学んでいくので、どんな状況でも対応できるようになるからです。

では、どんなパターンがあるのか?

私のオーストラリアでの体験談を基に考えていきましょう。一番わかりやすいシーンとして「人別」に分けて説明していくと、実は会話のパターンは「知っている人」「初対面の人」この2つのパターンしかないのです。

まず1つ目は「知ってる人」です。お友達、会社の同僚、バイト仲間、学校の同級生一緒に住んでる同居人などです。例えば、朝起きて同居人に「Good morning.(おはよう。)」「Are you off today?(今日は仕事お休み?)」といった話をし、家に帰ってきたら「How was your day?(今日どうだった?)」「How was the party last night?(昨日のパーティはどうだった?)」といった会話をしたり。他にも、学校や職場の人とも、フレキシブルに会話しているように見えても実は、しゃべるパターンは大体決まっているのです。

そして、もう1つは「初対面の人」です。友達に紹介してもらった友達の友達、友達主催のホームパーティー、イベントで知り合った人、道に迷った外国人。海外旅行した時には、旅先のパブで出会った友達、飛行機で隣になった人、お店の定員さんなどです。

ここで、よく思い出してみてください

英語を使う相手は、ほとんどが初対面の人!

よくよく考えてみると、英語を使う相手って、 ほとんどが「初対面の人」ではありませんか?

例えば、道に迷った外国人を案内するとき、パーティで知り合った人と話すとき、海外旅行先のパブで出会った友達と会話するとき、お店で買い物をするときなど。

もちろん友達になって、その友達と久々に会話したり、英語の話せるお子さんやお孫さんと会話をするときだったり、いろいろイレギュラーなケースはありますが「英会話」に限定すると、その相手は「初対面」であることがほとんどなのです。

初対面の人と、どういった形で会話を始めるのか、どういう話の持っていき方で盛り上がるのか。どういうふうに連絡先を交換するのか。どのタイミングでバイバイして別れればいいのか。これができれば、基本的には英会話は成立します。

つまり、初対面の人との会話の流れの「パターン」を押さえることができれば英語ペラペラになれる!ということです。では、その会話の流れの「パターン」とはどんなものなのでしょうか。

「初対面の人との会話」6つのパターン

6つのパターン

応用言語学の第一人者である阿部先生によると、 初対面の会話パターンは次の6つに集約されます。

このパターンは、筑波大学とも共同で研究所を持っている英語総合研究所で膨大なデータから導き出された会話のパターンです。英語学習の最先端の研究が行われている機関で、データとしても裏づけられています。(恐らく日本ではここでしか手に入らないデータです。)

阿部先生の解析によると、この6つを完璧にしておけば初対面の人との会話は全く問題なくスムーズに行えるということです。

阿部一(あべ・はじめ)氏のプロフィール

阿部一

米国・テンプル大学大学院およびアイオワ州立大学大学院修了。20年以上獨協大学外国学部教授を務める。(財)語学教育研究所評議員、元NHKラジオ「基礎英語3」講師(1994-1996年)。日本の英語教育をバックエンドで支える一人であり、一流企業をはじめ大学や各種学校、また中学校や高校の英語教育に関わるプロジェクトや、文部科学省をはじめ都道府県の教育センターなど、さまざまな機関からアドバイスを求められる言語学者。

阿部先生の代表的な著書

3ヶ月で「英語がペラペラ」になるには?

つまり3ヶ月で「英語がペラペラ」になるための秘密は、「初対面の人との会話のパターンを理解して、それを徹底的に練習してマスターすること。」なのです。なぜなら英会話においては、「初対面の人と話す」というシーンしか基本的にはないからです。

そして、それをやるにあたって、ベースとなるのが「発音」「リスニング」「フレーズ」の習得です。やはり正しい発音で言わないとネイティブには伝わりませんし、正しい発音ができないと聞き取れるようにもなりません。そして、正しいパターンフレーズを知っておかないと、会話が成立しなくなってしまいます。ですので、これらを優秀な日本人トレーナーとネイティブ講師の指導の元、効率的なトレーニングを徹底的に行う。

すると、3か月という短い期間でも、間違いなく「英語はペラペラ」という状態になれるのです。

そして、このトレーニングをプログラムとして行っているのが、阿部先生の開発した短期英語習得プログラムの「DEEP CITE」というものです。

短期英語習得プログラム「DEEP CITE」

DEEP CITE は、通常は企業研修で使われるもので、研修用プログラムの中でも最も効果が高く、最も価格の高いプログラムとなっています。通常100万円~250万円程度と高額のプログラムですので、ほとんどは日立や三井造船といった一部上場企業の幹部クラスや役員クラスの人に提供することが多いそうです。

例えば、3か月後にマレーシアで国際会議があって、こういう内容のディベートがあって、こういう会議に出席しないといけないので、なんとかしてくれないか。と阿部先生のほうに相談があるそうなんですね。そこで、それにぴったり合った内容を「DEEP CITE」をベースにカスタマイズしてプログラムを提供しているため、成果も凄まじいとのことです。

一部上場企業の重役クラスの人の例だと、ほとんど話せない状態だったにも関わらずたった数ヶ月で、英語で会議ができるようになるほどです。そのため、このDEEP CITE自体は、今でもひっきりなしに企業からオファーがあるそうです。

今回、新たに開発されたプログラム

そして今回、私がご紹介する、新たに開発されたプログラムというのがDEEP CITEを個人向けに体系化した「DCプレミアム English Boot Camp」です。

このプログラムを受ければ、ついに3か月で英語がペラペラというのが、実現します。なぜなら、先ほどお話した「DEEP CITE」という、阿部一先生率いる英総研が膨大な音声データ・映像データ・臨床データなどを解析し、最も「効率的に」「短期間」で英会話をマスターする目的で作られた、企業向け研修プログラムを個人向けに構築しなおしたプログラムだからです。

そのため単に講師の経験や勘、また巷にあるような効果の立証されていない教材やプログラムとは異なり、臨床実験を繰り返した上で作られているので、一定上の効果が約束されているプログラムなのです。だからこそ、みっちりトレーニングすれば、3か月で英語がペラペラをついに実現することができるということです。

ネイティブとナチュラルスピードで普通に会話ができる

英会話スクールで学ぶ英語というのは、すごくゆっくりで、日本人向けに分かりやすく先生が言ってくれて、それに対して答えるような練習がほとんどです。言ってみれば英語が「話せる気」になるような場です。ですが、このプログラムでは、そうではなくて「ナチュラルスピード」でネイティブ同士が会話しているのと同じスピードで会話ができるようになるということをゴールににしています。

話を振られて最低1分~5分程度、一人で話し続けられる

「これについて君はどう思う?」と英語で振られて、それについての自分の意見や主張を最低1分間、長いと5分程度、英語で言えるようになること。そして、その英語がちゃんとネイティブに伝わる英語であることがゴールになります。

これらができるようになるために、個人向けのプログラムとして開発されたのがこの「DCプレミアムEnglish Boot Camp」です。それでは、プログラムの全体像をお話していきます。

さらに、英会話指導のスペシャリストから、直接指導を受けられます

阿部先生の指導風景

さらに、この「DCプレミアムEnglish Boot Camp」では、阿部先生の直接指導を受けることができます。阿部先生の「理論と実践」を両立させた指導テクニックには定評があり、海外赴任が決まった際には「必ず先生の講座を受けろ。」と言われるほど、分かりやすく即効性のあることで知られています。

ですので、一人ではなかなか直すのが難しいとされる発音なども、彼の直接指導を受けることで、短期間でも驚くほどキレイになるはずです。

また、阿部先生のマンツーマン指導を受けるようとすると、通常80万円以上のレッスン料がかかります。さらに、ひっきりなしにオファーがあるため、個人でレッスンを受けようとしても、マンツーマンでレッスンを受けることは、なかなか難しいのが現状です。

そんな彼の指導を直接受けることができるプログラムは稀ですので、ぜひこの機会を逃さないでほしいと思います。

プログラムの全体像

はじめに「DC英語力解析プログラム」で、現状の学力を解析し、その後、1DAYセミナーから始まり、翌月に1泊2日の合宿(Semi All English Camp)、さらに翌月にもう一度1泊2日の合宿(All English Camp)、さらに翌月に1DAYセミナーで卒業という流れです。

セミナー、合宿の間は、自宅学習プログラムに沿って、最低1時間、できれば2~3時間は取って頂き、テキストや音声、DVDなどを見ながら自宅で学習を行って頂きます。

プログラム全体像

事前準備 DC英語力解析プログラム(診断テスト)

解析結果のサンプル

解析結果のサンプル

「DC英語力解析プログラム」とは、
・現状で何が得意で何が不得意なのか?
・どの点をどの程度、集中的に学習すれば良いのか?
・レベル診断(ネイティブを10とすると現在のレベルは何点か?)

など、英総研による2万人以上の膨大な英語能力データと照らし合わせてその傾向やレベルを割り出せるプログラムです。

「英語ペラペラまで、あと○時間の学習が必要です。」などの細かなレベルまで、具体的に解析結果が個別で出されます。その情報を元に、どういうところを攻略していけばいいのかが明確になりますし自分では気づかなかった弱点も発見できるので、非常に効率的に学べるようになります。

ここまで、詳細に、自分の英語力・弱点を正確に知れる「DC英語力解析プログラム」のようなサービスは他にはないと思います。

ちなみにこの診断テストは開始前だけでなく、プログラムの途中にも行われます。これができたら次に1DAYセミナーに参加します。

初回1DAYセミナー

1DAYセミナーでは、翌月の合宿に向けた「基礎固め」および「独習方法」を理解します。最初の1か月間は発音・発声、リスニング、パターンフレーズ、また自分英語というものにフォーカスする形になります。イメージとしては、スムーズな英会話に必要なパーツをそろえていくイメージです。

ちなみに自分英語というのは、自分で話したい内容というのを日本語で書いて自分なりに英作したものを本部に送ると、英総研の専門家が自然な英語に添削してくれるサービスです。さらに、ネイティブがその英語を吹き込んだものを音声付でもらえます。

このようなサービスも、ここでしか提供できないものだと思います。

●タイムスケジュール

タイムスケジュール

スタート1ヶ月後には・・・

スタート1ヶ月後

なかなかハードですが、スタートから1か月後で、すでにこれでだけのものができるようになっています。

自宅学習プログラム

・発音発声練習

初回セミナーで発音のコツを学んだあとは、ご自宅でトレーニング用DVDを見ながら発音練習を行います。DVDの中には発音の仕方が詳細に説明されていますので、安心して学習を進めることができます。

・リスニングトレーニング

CDを聞きながら、ディクテーション(音声の書き取り)を行います。BGM付きの音声ですので、リラックスしながら、効果的にリスニング力を鍛えることができます。1か月もすれば、音の聞こえ方が変わってくるはずです。

・フレーズの暗唱

DCプレミアムオリジナルのフレーズ集を使用します。本当によく使うものに厳選していますので、すぐに「話せる自分」を実感できるでしょう。

・スカイプトレーニング

講師

スカイプをつかったオンライン英会話で毎日トレーニングすることができます。レッスン経験が豊富な講師を揃えておりますので、毎日飽きずに楽しく会話の練習ができます。

その他、定期的に課題を提出してもらいます。

合宿1回目 Semi All English Camp

1泊2日の合宿(Japanese & English)で、初対面の人との会話「6ステップ」の徹底的なトレーニングを行います。英総研認定の日本人トレーナー、及びネイティブのトレーナーの細かな指導を直接受けることで、発音、リズム、なめらかさ、スピード感、表現の仕方など独習では習得が難しい部分も、短期間で向上させることができます。

講義はほとんどなくトレーニングが中心となりますので、非常にハードな2日間になるでしょう。

ですが、このトレーニングを終えれば会話における基本となる部分はすべてマスターすることができます。また合宿2日目には全て英語で会話をする Semi All English Camp が開催されます。本番のAll English Camp に向けての助走となります。他にも、「羞恥心撃退トレーニング」や「目隠し英会話トレーニング」などユニークなプログラムもあります。

●タイムスケジュール

タイムスケジュール1日目 タイムスケジュール2日目

スタート2ヶ月後には・・・

スタート2ヶ月後

合宿2回目 「All English Camp」

今回のプログラムの1番の目玉となるのが、2度目の1泊2日の合宿(All English Camp)です。ここで、初対面の人との会話パターンの総復習、および自分英語の完成ネイティブとナチュラルスピードでの会話トレーニングを徹底的に行います。

All English Campの名前の通り、会場に入ってから、講義中も、食事の時も寝るときも、起きたときも、この合宿では英語しか使ってはいけません。

朝から晩までとにかく英語で会話をする訓練をしますので、1泊2日留学するイメージです。大変ではありますが、とても楽しい時間を過ごせることをお約束します。この1泊2日の間で、あなたの英語力は 飛躍的に向上することでしょう。

●All English Camp Schedule

All English Camp Schedule1日目 All English Camp Schedule2日目

スタート3ヶ月後には・・・

スタート3ヶ月後

1DAYファイナルセミナー

1dayファイナルセミナー

1DAYセミナーでは、今後どのような自己トレーニングを行えばよいのか、返却される診断結果を元に、一人で学習を続けていくためのポイントがわかるので、卒業後でも自力で英会話力をグンと高めることが可能になります。

その後、パーティー会場で食事をしながら乾杯とスピーチを行います。最後に修了証が渡され、無事卒業となります。

●タイムスケジュール

タイムスケジュール

終了時には・・・

英語ペラペラ

これが3ヶ月で英語がペラペラになる英語合宿プログラム「DCプレミアム English Boot Camp」です。(※プログラムの内容は、一部変更になることもありますが、予めご了承ください。)

開催日程

開催日程

あなたが挫折しないための仕組み

「本当に私にできるのか。」「また途中で挫折してしまうのではないか。」こんな不安を抱いているかもしれませんね。ですが、安心してください。DCプレミアムには、英語学習を続けるための環境が整っています。

●卒業生によるサポート電話

電話サポート

DCプレミアムの卒業生の方にご協力を頂いて、定期的に電話でサポートを行います。これまでの生徒さんの傾向を把握していますので、モチベーションが低下しがちな時期に、絶妙なタイミングで電話がかかってくるはずです。そこで、現状で困っていること、つまずいているところをサポートスタッフにご相談ください。卒業生だからこそわかる、学習のポイントや解決策などを親身になって教えてくれます。

一人でずっと悩んでいたことも、相談すれば1秒で解決することもあります。ここで英語学習のモヤモヤをスッキリ解消できますので、これまで挫折してきた人でも続けやすくなります。

●受講生同士のコミュニケーションの場

サポート掲示板

インターネット上の掲示板を使って、受講生同士のコミュニケーションが可能です。普段の生活では出会うことのない、向上心のある受講生と交流をしてください。

3か月の学習期間、あなたは一人ではありません。阿部先生をはじめ、英総研の優秀なトレーナー、事務担当のスタッフがしっかりとバックアップをします。

しかし、何よりも大きいのは、あなたと同じようにがんばっている仲間の存在です。英語をやっていると必ず、途中で壁にぶつかります。伸び悩んだり、落ち込んだり、モチベーションが下がったりそうなるのは、当たり前のことで、誰もが経験することです。大切なのは、そうなったときに手を差し伸べてくれる「仲間」がいるかどうかです。

・自分の疑問に答えてくれる人
・伸び悩んだときに、相談できる人
・落ち込んだときに、励ましてくれる人
・やる気がないときに、刺激をくれる人
・上達の喜びを分かちあえる人

そんな仲間がいる環境に身をおけば、間違いなく成功します。仲間がいれば、1人ではできなかったことも、不思議と成し遂げることができるようになるからです。DCプレミアムには、その環境がすべて整っています。

●仲間との絆が深まる懇親会

親睦会

DCプレミアムでは受講生同士の交流を深めるために、懇親会を実施しています。(9期生の懇親会は、2016年5月22日を予定しています。)英総研のトレーナーさんも参加する予定ですので、これを機会に英語学習に関する疑問・不安を解消し、一緒に頑張る仲間たちと楽しい時間をお過ごし頂ければと思います。

また卒業後も英語学習のモチベーションを維持するために、仲間内で集まって、外国人が集まるバーに行ったり、情報交換をしたりするための懇親会が不定期で開催されています。ここでさらに仲間との絆が深まっていくことでしょう。

さらに、今回はこのプログラムで英語ペラペラというのを確実なものにするためにいろいろなサポートと特典を用意しました。

特典・サポート

1.英総研による特別メールサポート

期間中はプログラムの内容に関する質問であれば、無制限で受け付けています。英総研のサポート陣は、非常に優秀です。英語に関する疑問があっても、的確な回答がもらえるので、スムーズに学習が進められます。本当に価値のあるメールサポートになります。

【過去のQ&A】

質問

子音の[r]がどうしても上手く発声できないでいます。
舌を丸めないアメリカ方式の方がスムーズな気もするのですが、[l]と変わりばえがしないのが現状なので、丸めてしまった方がよいのか迷っています。
毎日発声練習をしておりますが、まだ出来ないまでも続けていくうちに発声できるようになるものでしょうか?

回答

この「r」の発音の難しさは、[l]との区別とも含めて、わたしたち日本人のかなりの人がかかえている問題です。

中上級の学習者を含めて、約32.5%の人たちが現在も問題を抱えながらも、実際の会話、交渉などで時おり、発音上のトラブルを生じさせながらも何とかコミュニケーションを成り立たせています。

今回の研修でできるだけこの問題解決を図るために、極力、ビデオを参考に矯正なさる努力は大切です。

ただし、こだわるときりがありませんので、まずは現在、せっかく努力されているわけですから、あるところまでは徹底して矯正してみるか、ある段階では思い切って区切って次のステップに進むことが大事です。

とにかく、この二つの音で、もっとも大切なことはrightとlightのような場合、きれいに発音するところまで行かなくとも、とにかく相手にどちらの音を発音しているのかがきちんと通じることです。

まず、[r] はアメリカ音では犬が唸る時のような音です。舌の両端(奥半分)を上の歯の内歯茎にベッタリつけます。舌の真ん中部分から先端にかけては上顎に付けず、代わりに奥のほうを喉が詰まらないギリギリまで締めます。

講義でもあったと思いますが、日本語の「う」のくちを作って発音すると、舌の正しい位置を盛り上げることができるので、成功しやすいです。

Lと違って舌先を上あごにつけてはいけません。というより一切使いません。日本の学校でかつて広く指導された英国音ではおっしゃるような巻き舌の[r]が使われます。

もし、こちらのほうがやりやすければ、それでももちろん、大丈夫です。やりやすいほうをお使いください。

日本人の場合にはとりわけ呼気が弱いので、何の音かが聞き取れないという声が多いですね。

アメリカ音で思い切って腹から呼気を出して、くちびるを日本語の[う] でのどの奥のほうから「うーっ」とうなるようにするとうまく行くという受講生も多くいます。

[l]のほうは舌の先を上前歯の歯茎につけて発音します。[l]をすぐには離さずにねっとりと歯茎の裏に頑張って付け続けながら、舌の左右両脇から声を通します。

いかがですか? 上のアドバイスをご参考に引き続き、ビデオで口元をチェックしながら、練習を続けてみてください。
今後ともぜひ引き続き頑張ってください。

英総研 発声・発音解析担当 岩田

2.受講期間中+1ヶ月の合計4ヶ月、EMJオンライン英会話使い放題(1日1回)

私のほうで運営をしているEMJオンラインというスカイプオンライン英会話があるのですが、これを期間中使い放題にします。自宅学習だけでは限界がありますが、スカイプによる講師陣のレッスンを受けることで、フィードバックがもらえますし、アウトプットの機会にもなりさらに学習を効率化することができます。

3.アメリカ在住のバイリンガルによる学習サポート「バイリンガル掲示板」NEW

バイリンガル掲示板とは、日々の生活の中で「これって英語でなんていうんだろう。」と思ったときに、忘れないうちに掲示板に投稿しておけば米国在住のバイリンガルスタッフが、その質問に答えてくれるというものです。

自分の疑問にオーダーメイドで答えてくれるこのサポートは、あなたの学習の効果を飛躍的に上げてくれる手助けとなるでしょう。
他にも、

  • 4.プログラム期間中、弊社で販売している教材プレゼント(お好きな教材3つまで)
  • NEW
  • 5.コミュニティサイトへの参加権利
  • 6.アイリッシュパブ等での定期的なオフ会参加権利
  • 7.All English Camp(1泊2日)への割引受講権利
  • 8.2回目以降の割引受講権利

などの特典もお付けします。

これらが、DCプレミアムEnglish Boot Campで提供するものになります。

あなたにオススメできないかも・・・

残念ながら、このプログラムをお勧めできないかもしれない人がいます。どういうことかというと、3か月間本当に「英語漬け」になるからです。

終日セミナーが2回。1泊2日の合宿が2回。その間、自宅学習プログラムもあるので常にリスニングのCDを聞いたり発音をしたり、毎日家に帰って練習したりと、非常にハードな3か月になります。英語はやはり運動と同じで、とにかくトレーニングを中心に行うことが非常に重要なのです。

しかし、3ヶ月間のプログラムを終えるとあなたの状況は変わります。
・自分の英語力に対する「確かな自信」
・3ヶ月間をやり遂げた後の「達成感」
・学習の継続に不可欠な「仲間の存在」

「英語がペラペラ」になるだけではなく、他にもたくさんの副産物があります。ハードな3ヶ月間といえ、できることが増えていき、英語がどんどん楽しくなるので非常にエキサイティングな期間となるでしょう。

ということで、このDCプレミアムEnglish Boot Campというのは本気な人以外には向かないプログラムになります。当然といえば当然ですがそれでも興味があるという場合には、引き続きご覧になってください

価格について

最近、街でよく見かける「2か月で筋肉がムキムキ」になるとか、「2か月で体重が10キロ落ちる」とかいうジムをご存知ですか? あれは「非常につらいトレーニングです。楽しては痩せられません。だけど私たちの言うとおりにしてもらえば必ずこうなりますよ。」というジムです。私の友達も何人か行った人から聞いたんですが、本当に2か月で10キロとか20キロやせて、筋肉もムキムキになるそうです。

それの「英語版」がついにできたということです。「3か月間楽じゃないし安くはない。でも3か月やれば絶対に英語が話せるようになる。」という、本当に英語がしゃべりたいと思ってる人のための「最後の駆け込み寺」のようなプログラムなんです。

ここに参加して、3か月間のプログラムを終えれば、ある程度の英語は話せるようになるでしょう。それも1年も2年もかかるような気が遠くなる物ではありません。3か月で素早く英語を身につけることができます。これまで10年以上もの間、英語が話せないことで悩んでこられたのであれば、この期間で英語を習得できるということが、どれほど価値があることか、お分かり頂けると思います。・・・・・「3か月後には英語がペラペラになる」というこのプログラムにかかる金額は、以下の通りです。

398,000円(税込:429,840円)

阿部先生にも相談して、人件費の調整を行い、下げられるギリギリの価格まで下げました。大きな金額ではありますけど、3か月の期間で計算すると、1日にかかる投資金額は、約4420円 です。ちょうど飲み会に1回行ったらかかる金額と同じです。たったこれだけの投資で、3か月後には、英語を使って人生を切り開いていく楽しさが味わえるのです。これほど手堅い投資はないのではないでしょうか?

さらに、先ほど言ったように3か月で英語がペラペラになる、ついに英語が話せるようになるということであること。今まで出している成果が明確であること。オンライン英会話が使い放題であるといった特典が充実していること。そういうことを総合的に考えると、むしろ安いのではないかと思っております。

ただし、今回お申込みできるのは、先着30名様限定です。
一人ひとりのお客様と向き合って、丁寧なサポートを行っていくため、プログラムの性質上、一度に開催できる人数が30人が限度だからです。ベストなサポートを行うためですので、予めご了承ください。

さらに返金保証付

私、YOSHIからお約束があります。この「DCプレミアム English Boot Camp」は阿部先生率いる英語総研究所が開発した、超短期間で確実に英会話ができるようになることが証明されているプログラムです。

自分の英語力の確認から始まり、1日最低1時間はプログラムに沿って英語の学習を進めて下さい。ハードな3ヶ月にはなると思いますが、このプログラムが、あなたの長い長い英語人生を遂にゴールに導くことをお約束します。

しかし、万が一このプログラムを3ヶ月間しっかりと実践したにも関わらずまったく効果が得られない、ネイティブに道を聞かれても全然答えられない全然話せるようにならない、などの場合には、講座終了後60日以内であれば参加費全額をお返し致します。ご連絡頂いた銀行口座に7営業日以内に振込します。

また、万が一返金になったとしても、あなたと私が共に英語を学ぶ仲間であり続けることを誓います。

これだけ阿部先生にお願いしてプログラムを構築してもらい、さらに私の今までの経験や体験も含めて、いろんな要望を反映させてもらいました。そして、ついに、本当に3か月で英語がペラペラになるプログラムができました。なのでぜひともあなたには受講していただきたいと思っていますし、できるだけ金銭的なことも含めたリスクというのは、取り除けるようにと思っております。

お申し込み方法

DCプレミアム・スターター・キット 内容

以下のリンクをクリックしてページに飛び、お名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの必要事項を入力して送信ボタンを押してください。すぐに入力したメールアドレス宛に振込み先と内容の確認メールをお送りします。

申し込みが確定した方から順に「DC英語力解析プログラム」(診断テスト)のご案内をメールでお送りさせて頂きます。その後、プログラムで使用するテキストなどが入った「DCプレミアム・スターター・キット」を配送予定です。

すぐに準備が始められるようになっていますので、安心してお申し込みください。

申し込みボタン

お支払方法は、銀行振り込み一括。もしくは、銀行振り込み3分割まで対応いたします。

一括の場合39万8000円(税込:42万9840円)
3分割の場合14万5800円×3(税込合計43万7400円)

先着30名限定で、1期~7期ともに、期限を待たずに、キャンセル待ちの状態となりました。ピンと来た方は、できる限り早めにお申込みをされることをオススメします。

無料電話相談窓口

もし、「自分にはできないかも・・・」などの不安なことがありましたら、気軽に電話してきてください!

当然ですが、英語レベルには個人差があります。DCプレミアムに参加して頑張りたいと思っていても、本当に自分についていけるのか、周りに迷惑をかけないかいろいろ迷っているかもしれません。そのような場合は、ぜひ一度電話をかけて相談してみてください。担当のスタッフ(女性の「野口」という者)が直接お電話であなたの疑問、質問にお答えします。

DCプレミアム運営事務局03-6427-0191
【電話相談できる日時はこちら】
4月1日(金) 4月4日(月)
4月5日(火) 4月6日(水)
4月8日(金)  
【時刻:11:00~17:30】

いつ行動するんですか?「今でしょ!?」

今あなたの目の前には2つの道があります。ついに英語が話せるようになる、ついに英語がペラペラになるという道を選ぶのかそれともこのまま一生しゃべれないまま、いろんな教材を買い続けて、挫折を繰り返すのか・・・。

チャンスの神様というのは前髪しかありません。目の前にいる時は掴めても過ぎ去ってしまっては掴めないものです。たまたまこの機会に、このメッセージを見て、この3か月で英語がペラペラになるDCプレミアムEnglish Boot Campを知ったのであれば、ぜひ行動を起こして欲しいと思います。

申し込みボタン

良くある質問

中学生レベル、もしくはそれ以下の英語力の私でも本当にペラペラになれるんでしょうか?

よく出る質問ですが、答えとしては大丈夫です。

なぜなら最初に「英語力解析プログラム」を受けていただきますので、現状でどれくらいの英語力があるのかがわかり、それに沿った形であなたに合った自宅学習プログラムが配布されるからです。基本的には皆さん一緒ではありますが、文法が非常に弱かったり構文をつくる力が弱いという判定が出た場合には、補足用のプログラムが渡されます。

ですので、レベルが低くても大丈夫です。レベルが低いというのは、どういうレベルかというのは一概には言えない部分がありますが、基本的には問題ありません。ただアルファベットを知らない、abcdの次がわからないといったレベルの方は少し厳しいと思います。

1つわかりやすい目安としては私の「Everyday English Phrases」というフレーズブックの内容が基本的に問題なく学べるレベルの人であれば問題ありません。3か月で英語が話せるようになります。

そもそも本当に3ヶ月で英語ペラペラになるの?

「ペラペラ」と感じるのには、もちろん個人差がありますので一概には言えないのですが、一つの指標として、冒頭の受講生のbefore-after動画を確認して、判断してください。3か月間で、受講生のようなレベルでの「英語ペラペラ」は実現できることをお約束します。

パソコンがありません。スマートフォンだけでも参加できますか?

パソコンをお持ちでなくても、Skype(スカイプ)が使用できるスマートフォンをお持ちであれば、参加は可能です。スマートフォンで受講をお考えの場合は、この2つの条件をクリアしていれば問題ないかと思います。

1.Skypeのアプリがダウンロードできて、使用できる
2.インターネット環境が整っている

Skypeのダウンロードは以下の手順でご登録いただけますので、参加前に事前にご自身で使用できるかどうかの確認をお願い致します。スカイプのダウンロードとアカウント登録については、下記のサイトが参考になりますので、ご確認ください。

●Windowsの方
https://support.skype.com/ja/faq/FA11098/

●Macの方
https://support.skype.com/ja/faq/FA12015/

●iPhoneの方
https://support.skype.com/ja/faq/FA12129/

●Android携帯電話の方
https://support.skype.com/ja/faq/FA12288/

●スカイプらいふ(操作方法ががわからない場合)
http://skype.week-navi.net/

ただし、スマートフォンを使用してのSkypeでの通話は、パソコンに比べると不安定ですので、パソコンをご使用頂くことを推奨いたします。また、自宅学習の一環で定期的に課題を提出してもらいます。例えば、下記のような課題です。

【基礎単語100語の書き取り】

基礎単語100語の音声CDを配布しますので、その音声を聞いて書き取った英文を事務局までメールで提出して頂きます。提出方法は、基本的には Microsoft Wordで提出して頂くようになりますのでMicrosoft Wordが使用できる環境が必要になります。

ですが、Wordを使用できない、パソコンをお持ちでない方には、事務局までご連絡いただければ、別の方法でご対応いたします。例えば、紙に英文を手書きで書いたものを事務局までファックスで送信して頂いたりWordではなく、そのままメールに英文を張り付けて送信して頂いたりといった具合です。

どうしても送信方法がわからない場合は、事務局がわかるまでサポートさせて頂きますのでご安心ください。

完全に個別なプログラムを提供してくれるという認識でよろしいでしょうか?

DCプレミアムは【使用するテキスト・課題は共通。診断テスト・パーソナルな質問に関しては完全個別】と定義されているプログラムです。基本的には、基礎となる土台づくりなどの練習は、どの生徒さんにも必要な課題でありある程度共通していますので、課題・テキストは共通のものを使用しています。

ですので、一番初めに受けて頂く「DC英語力解析プログラム」の診断結果を元に弱点であるところを集中的に練習するなど、ご自身でカスタマイズして学習して頂くスタイルをとっています。

例えば、「DC英語力解析プログラム」の診断結果では
・現状で何が得意で何が不得意なのか?
・どの点をどの程度、集中的に学習すれば良いのか?
・レベル診断(ネイティブを10とすると現在のレベルは何点か?)
などの情報が詳細にわかります。

具体的には、「目標のレベルまで、指定のリスニング教材を回数にして341回時間にして20.2時間聞きましょう」といった感じで、過去の臨床データから割り出した詳細なデータもわかります。その情報を元に、共通で出される課題の中でも、苦手な部分を意識して集中的に練習して頂きます。

もちろん、どこを集中的に学習すればいいかわからないときには、個別でご相談を受け付けております。専門家の意見を踏まえて、完全に個別にお答いたしますのでその点はご安心ください。

また、セミナー・合宿中のトレーニング中に個別で受けた相談、英総研のメールサポートについても、診断テストの結果を元に、専門家の意見を踏まえて、完全に個別にお答えしております。

どのくらいのレベルの方が参加しておられるのでしょうか?
私のような低レベルのものが参加すると、周りに迷惑をかけるのではないかと心配です。

参加者のレベルは超初心者から中上級までと幅広いです。よくある英会話教室などでは、「能力別」でグループ分けして、進められております。その方が一見よさそうに思えますが、実は阿部先生率いる英総研の研究によると、能力関係なく「混合グループ」の方式のほうが、より機能的で全体の活性化につながる。とされています。そのため、いまの先駆した教育手法でも「混合グループ方式」が次第に使われつつあります。

DCプレミアムでも、能力別で分けずに「混合グループ」でトレーニングを進めていますが、会場の雰囲気も非常によく、わからない表現があれば生徒徒さん同士で教えあったり、質問に答える側も、人に教えることでより知識が定着するという相乗効果が確認できております。

また必要に応じて能力別にしたり、混合グループにしたり、参加者の全体のレベルや進捗状況を把握した上で、最大の効果が得られるようなプログラムに調整しております。レベルが低くて周りに迷惑がかかるというようなことはありませんので安心してご参加ください。

また、逆に物足りないと感じた方には、随時追加で教材をお渡しするなど柔軟に対応しておりますので、その点もご安心ください。

歳がだいぶいっておりますが、私でも大丈夫でしょうか。

過去の生徒さんで、最高齢で70代の女性も参加しておられましたが 3か月の講座を終える頃には、私も驚くほどに上達しておりました。 他にも50~60代の方もたくさんいましたが、個人差はあれど、どの方も 確実に会話力がアップしています。 その姿を間近でみることで、改めて「英語に年齢は関係ないんだな。」 と実感しております。

英語に対する熱意とやる気があれば、確実に上達するプログラムですので 年齢を言い分けに英会話をあきらめていた方にこそ、ご参加頂きたいと 思っております。

予定が合わないのですが、他の日程はありませんか?また、どちらかの合宿だけ欠席するなどは可能ですか?

今回の日程のみとなります。

どちらかの合宿だけ欠席することは可能かということですが、これは基本的にはできません。やはり、すべてのプログラムを日程通りに参加して、対面でトレーニングをやってもらわないと効果は約束できません。ですので、どこか参加できない日がある場合には今回の参加は止めて次回日程の合う日に参加するような形で対応していただければと思います。

阿部先生がおっしゃるには、3か月というのがミソで、これが1か月、もしくは2か月でも短すぎます。かといって4か月とか半年でも少し長いということです。

それは人間の学習効率や忘却曲線など、いろんなものが加味された上で 1か月ごとの対面でのトレーニングで、合計で3か月で組まれています。短くても駄目だし、長くても駄目。今回の3か月というのが最適であって、この日程というのは必ず参加していただかないと、ペラペラになるお約束はできないということになります。
※ただしプログラムに参加後、急な事情等で合宿に参加できない場合には代替プログラムを特別に用意致します。

地方に住んでいるのですが東京だけの開催ですか?

基本的には東京での開催になります。今回は東京の渋谷と多摩市周辺の開催になる予定です。場所の詳細は参加後にご連絡いたします。将来的には、札幌、大阪、福岡などでも開催したいという思いはありますが今のところは東京、関東近郊で行う予定です。

分割決済には対応していませんか?

銀行振り込みで、3分割まで対応いたします。3分割の場合→14万5800円×3回(合計43万7400円)になります。

1日どのくらい学習が必要ですか?

これは自宅学習プログラムをやっているときの話だと思うのですが最低でも1時間くらいは学習をしていただければと思います。先ほども言ったように3か月で英語ペラペラになるという目標がありますのでハードにはなりますが、この期間だけ集中して、1日最低1時間は学習をしていただければと思います。もちろん、1日2~3時間できるのであれば、そちらの方がより効果的ですが最低1時間は学習をしてください。

参加費にテキスト代などは含まれていますか?

参加費の中に、テキスト代、会場代などは含まれております。しかし、1泊2日の合宿時に限っては、宿泊施設をご自身でお取り頂く形になります。詳細については、初回セミナーでご説明させて頂く予定です。それ以外で、追加料金がかかることはありませんので、ご安心ください。

参加者の年齢層、男女比を教えてください。

年齢は70代から20代まで幅広く、40代~50代の方が多いです。男女比は半々です。

その他、何か個別の質問がありましたら下記までご連絡下さい。

seminar@infofactory.jp
DCプレミアム 運営事務局  担当:野口真代
TEL:03-6427-0191
営業時間:平日10時~18時
※土日祝日はお休みとなりますのでご注意下さい。 ※時間外のお問い合わせは翌営業日の回答となります。

卒業生の喜びの声

外国人のクライアントさん相手に英語で
プレゼンテーションができるように!

柳田様

とにかく不安だった。
でも、実際に参加してみると…。

木下様

LとRの違いが
やっとわかるようになりました!

大光明様

小保方様

恩田様

房間様

澤田様

本井様

松元様

武田様

岩田様

松本様

藤森様

居谷様

増本様

鈴木様

吉田様

福井様

井上様

中様

藤本様

長町様

大久保様

福田様

茨木様

会田様

宮田様

最後に

私が英語の指導を始めた時に決めたことがあります。それは、「卒業式のある英会話スクール」をつくることです。現状、日本の英会話スクールは、かなりハイレベルの英語力を持った人でも、「自分はまだまだ話せない」と思い込ませ、レッスン料を払い続ける。そんな「いつまでも卒業させないシステム」になっています。

だから、私は、「あなたはここまで話せるようになりました。もう世界のどこへ行っても大丈夫です。卒業、おめでとうございます!」 と、巣立っていける、英会話スクールをつくろうと決めたのです。

そして今やっと、思い描いていた私の夢が「DCプレミアム English Boot Camp」いう形で、実現しました。何をやっても話せなかった方のための「英語の駆け込み寺」のような存在を目指しています。

そして、まずは私のお客様から優先的にペラペラになってもらい、将来的にはメディアへの露出などを経て「日本で最も効果の高い、英会話トレーニングプログラム」として、規模も拡大していく予定です。

ありがたいことに、卒業生たちは本当に素晴らしい成果が出ています。生徒さんからも、「本当に参加してよかった。ありがとう。」という声をくださりますし私もそれを原動力として、このプログラムを「ライフワーク」として取り組んでいます。

このプログラムが、「3か月で英語がペラペラ」というすばらしい体験をさせてくれることを確信していますので、 ぜひともこのチャンスをものにしてください。それでは、最後までお読み下さり、ありがとうございました!

yoshi.k

●追伸1

必ず結果がついてくる、それがDCプレミアムです。

「私でも本当にできるようになるのか。」「3ヶ月やり遂げられるのか。」

あなたは たくさん不安を抱えていると思います。しかし、DCプレミアムは、阿部一先生率いる英総研による膨大な音声データ・映像データ・臨床データなどを元に開発されている一定上の効果が約束されているプログラムです。

さらに挫折しないための環境づくりも徹底しています。ですので、あなたの期待を決して裏切ることはありません。この決断が、あなたの世界を大きく変えることを約束します。

追伸2

繰り返しになりますが、この価格・この内容で参加できるのは、 先着30名様限定です。

過去の募集では、募集開始早々にキャンセル待ちの状態となるほど人気でした。ですので、ピンと来た方は、できる限り早めにお申込みをされることをオススメします。

お申込み方法は、以下のリンクをクリックしてページに飛び、必要事項を入力して送信ボタンを押してください。お申し込み完了後に、開催場所の詳細やDC英語力解析プログラムの受講についてのご案内をお送りいたします。

申し込みボタン